原子力艦船の避難マニュアルの二重基準を改正

11月22日の報道で、これまで横須賀市が指摘し続けてきた原子力艦船の避難マニュアルの二重基準がようやく改定される方向だ。吉田市長と担当職員が長く要請に取り組んできた成果がようやく出たことを率直に評価させて頂く。 今回の改… Continue Reading

「横須賀市議会議員選挙」 選挙戦が始まりました。

今日の朝、掲示板の場所の抽選があります。各陣営から代表者が行って、予備抽選、抽選という順番で、番号が決まります。決まると、それぞれの陣営から何番に誰々、という情報が伝わります。一斉に、市内600ヶ所を超える掲示板にポスタ… Continue Reading

4月17日付のタウンニュースで、学校選択制度が取り上げられました。

4月17日(金)のタウンニュースで、一面で学校選択の課題を取り上げていました。一昨年、永妻教育長に対して私が質問した内容も最後に出ていましたが、その時にも、毎日新聞が取り上げて記事にしてくれました。 そ教育委員会は、これ… Continue Reading

大楠・SHOKU-YABO 「わたね市」

大楠山の麓にあるショクヤボで、11日予定していた「わたね市」が、雨天延期で12日に開かれました。手作りの作品や職人さんが作った箒やアクセサリー、布やその他色々なバザーのような、集まりでした。 今回は鴨居中学校の時の教え子… Continue Reading

「学校で起こっていること」〜多忙化の実態から〜

昨日は、教職員の新人の方と会う機会があった。学校に赴任してから一週間。めまぐるしい中で頑張っている様子をお話ししていただいた。目がキラキラ輝いていて、皆さん素敵でした。ただ、多くの新人の方が、学校現場が「こんなに大変だと… Continue Reading

3月14日、土屋雄一郎さん(京都教育大准教授)と長谷川昇との対談 

3月14日、湘南国際村センター研修室にて、講演と対談  土屋雄一郎さん(京都教育大)との対談。土屋さんは、ゴミの処分場、公共施設などの建設などで地域住民との間で起こる様々な住民紛争を専門に研究している方。今回の芦名の震災… Continue Reading

薪を焼(く)べながら

横須賀市議会議員 長谷川昇「はせどん」

焚き火のあたたかさがいい。手をかざすと焦げそうに熱い。だから体にじんわり効く。大昔から、人はこうやって暖をとってきたのだろう。非常に懐かしく、想いを馳せる。 葉山で「薪屋」という職業の教え子がいる。山で薪をとって、暖炉の… Continue Reading

少し前ですが、会派として予算要望書を提出しました。

横須賀市議会議員 長谷川昇「はせどん」

1ヶ月前の10月2日、吉田市長に対して、会派として、 2015年度の予算要望書を提出してきました。 8月から、次年度の予算要望として、何度も会議を開催し、現状の課題から、市の予算編成にむけての要望という形でまとめてきまし… Continue Reading