台風19号、12日6時の状況をお知らせします。

台風19号、12日6時の状況をお知らせします。台風19号は935hpという関東地方に上陸した台風の中では過去最強の勢力を保ちつつ、北北東の方向に進んでいます。予報では、三浦半島付近には本日21時前後に通過。台風の中心が15号の時よりも西側を通過する可能性が強くなっています。昨日から度々報道されていますが、台風の東側が最も被害が大きいだけでなく、下の2枚目の図を見てわかるように、台風の目のふちの白くなったリングの下の地域が最も危険です。風速50m近くの暴風によって吹き上げられるのです。
台風15号の通過後、2回現地を視察してきましたが、鋸南町はまさに台風の目のふちのリングの部分が通過しました。下から吹き上げるような風が吹いて、巨大な竜巻が通過するのと同じ状況。がれきの山の多くは家屋の屋根とや壁の損壊です。人口8000人、世帯数3000軒の鋸南町でこれだけのがれきが出たのですから、三浦半島で同様なことがあれば、数十倍の被害が想定されます。
 
 今回は三浦半島は初め東からの風、南から吹き上げる風、さらに西からの風が吹き上げる可能性があります。三浦半島では、長時間東からの風が吹きますので、東側の窓により補強が必要です。準備がまだの方は雨戸を閉める等、雨風が弱まった時を見計らって対応しましょう。
今回は雨量も相当多いため背後に急傾斜地を抱える場所や16時に満潮を迎える海岸付近の方は極力避難が必要となります。
 下の写真は鋸南町のものです。

横須賀市議会議員 長谷川昇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA