政策

横須賀市議会議員 長谷川昇「はせどん」
長谷川昇は以下の4つ(暮し、教育、地域、平和)を柱とした政策を掲げております。

くらし/Life

長谷川昇政策/暮し
「ともに生きる社会をつくりたい」
  • 高齢者や障害のある方も共に安心して暮らせる街をめざしてとりくみます。
  • 出産・育児・介護等、地域医療の課題や「市民病院」の医療の充実にとりくみます。
  • ・若い人の非正規雇用の問題、地元産業の育成と雇用の創出にとりくみます。
長谷川昇政策/暮し


教育/Education

長谷川昇政策/教育
「ゆたかな教育のための環境つくり」
  • 子どもから高齢者まで、一人ひとりの学びを保証するための条件整備等につとめます。
  • 「教師が子どもと向き合う時間を確保する」ために、定数の改善や学校現場の多忙化の解消にむけ、とりくみます。
  • 格差社会の進行による「子どもの貧困」が深刻です。学ぶ機会を保証するための教育環境の整備にとりくみます。
長谷川昇政策/教育


地域/Area

長谷川昇政策/地域
「ともに生き、ともに学びあう地域づくり」
  • 三浦半島の自然を守り、環境問題や地域の課題にとりくみます。
  • 横須賀の文化遺産・歴史遺産を保護するとともに、新たな分かの発信にとりくみます。
  • 地域に根ざした歴史、文化の学習の場づくりをはかり、地域コミュニティーの拡充をはかります。
長谷川昇政策/地域


平和/Peace

長谷川昇政策/平和
「安全と安心は生活の礎」
  • 日本国憲法の理念をくらしに生かし、核兵器の廃絶にむけとりくみます。
  • 原子力空母の母港に起因する問題にとりみます。また、市民の安全安心が保証されるよう、原発や原発事故による放射能の環境に関しての問題にとりくみます。
  • 東日本大震災から学び、自然災害に対して、市民のいのちを守る観点からすすめます。
長谷川昇政策/平和