「市民病院発・なぎさの丘経由・汐入駅行き」 の京浜急行バス路線の新設を要望する!

画像

「市民病院発・なぎさの丘経由・汐入駅行き」 のバス路線の新設を横須賀市に要請しました。

▼西地区の国道 134 号の交通網の整備は緊急課題。昨年 12 月 11 日に、芦名口の右折レーンが完成し、今年 2 月 12 日 に佐島の丘と 134 号を結び直接、坂本芦名線を結ぶ佐島の丘 通り線が開通しました。

画像

▼現状では国道 134 号は、雨の日に は渋滞し、逗子まで一時間以上かかることもあります。また、 ゴールデンウィークや夏休みの休日などは、全く動かなくなり、 交通渋滞の改善を求めてきました。

▼一番望ましいのは、「新 交通システム」のような、新規の電車路線を研究する必要があ りますが、すぐにというのは難しい。そこで、現実的なプラン として、今回開通したなぎさの丘から坂本芦名線を通って、「新 規に市民病院発、なぎさの丘経由、京急汐入駅行きのバス路線 の開設」を考えています。それには、京浜急行バス株式会社に 対して、要望をしていく必要があります。

画像

とりわけ京急のなぎさの丘の団地の販売状況を考えれば、販売する側にとっても利便性の向上は重要な課題です。現在、 地元の自治会を中心として、その声を具体的に示そうと動きが始まっ ています。そこで、今回本会議でも、横須賀市に対して、後押しをす るように強く要請をしました。

画像

無所属クラブからも同様の質問があり、 力強い動きです。市長からは、京浜急行との意見交換会があるので、 その折には、そのことについて要請していきたいという答弁がありま した。

今後、町内会・自治会と相談の上、署名の実施も考えています。また、署名をする際には、お声かけをしますので地域の皆さんのお力をお借りします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA