「リアスの子」 熊谷達也著を読んで

横須賀市議会議員 長谷川昇「はせどん」
 

 直木賞作家の熊谷達也著「リアスの子」(光文社刊)という本を読んだ。  時代は1990年頃リアス式海岸沿いの港町に赴任した中学校教師の和也。のどかな雰囲気と田舎特有の濃密な人間関係にも慣れた頃、三年生の担任となる。そこに… 続きを読む

 直木賞作家の熊谷達也著「リアスの子」(光文社刊)という本を読んだ。  時代は1990年頃リアス式海岸沿いの港町に赴任した中学校教師の和也。のどかな雰囲気と田舎特有の濃密な人間関係にも慣れた頃、三年生の担任となる。そこに… 続きを読む

「あの3月11日から3年 」 時の流れに思うこと

横須賀市議会議員 長谷川昇「はせどん」
 

あの日から、3年。この日を迎えるたびに、原点に立ち返って思う。様々な思いが交錯して、自分の中で、知らずに風化している震災の記憶と、向き合う。 私が、被災地に初めて足を運んだのは、震災から50日あまりたった、5月3日。宮城… 続きを読む

あの日から、3年。この日を迎えるたびに、原点に立ち返って思う。様々な思いが交錯して、自分の中で、知らずに風化している震災の記憶と、向き合う。 私が、被災地に初めて足を運んだのは、震災から50日あまりたった、5月3日。宮城… 続きを読む