ピケティ「21世紀の資本」から、現代を読み解く

 

「ピケティ」という名前を聞いたことがありますか。最近話題のフランス人経済学者です。今、彼の著書「21世紀の資本」という本が売れている。600ペーシを超える専門書で5940円という高価なものだが、すでに翻訳版も13万部の発… 続きを読む

「ピケティ」という名前を聞いたことがありますか。最近話題のフランス人経済学者です。今、彼の著書「21世紀の資本」という本が売れている。600ペーシを超える専門書で5940円という高価なものだが、すでに翻訳版も13万部の発… 続きを読む

「リアスの子」 熊谷達也著を読んで

横須賀市議会議員 長谷川昇「はせどん」
 

 直木賞作家の熊谷達也著「リアスの子」(光文社刊)という本を読んだ。  時代は1990年頃リアス式海岸沿いの港町に赴任した中学校教師の和也。のどかな雰囲気と田舎特有の濃密な人間関係にも慣れた頃、三年生の担任となる。そこに… 続きを読む

 直木賞作家の熊谷達也著「リアスの子」(光文社刊)という本を読んだ。  時代は1990年頃リアス式海岸沿いの港町に赴任した中学校教師の和也。のどかな雰囲気と田舎特有の濃密な人間関係にも慣れた頃、三年生の担任となる。そこに… 続きを読む