★里山再生プロジェクトin 長坂「稲刈り」

画像

 春に植えた稲が実って、稲刈りをしました。私の池上中時代の教え子の天白君が中心になって行っているプロジェクトですので、「先生、稲刈りやりますよ」と電話があったので、有り難く参加しました。
 天白君の行っているNPOのスタッフと横須賀市の職員、地元の町内会の役員さんなど、たくさんの方達が田んぼに集まっていました。

画像

私は稲刈りは、幼い頃から家の田んぼの手伝いをしてきたので、得意ですので、鎌を手に久しぶりの感触。ザクザクという音が気持ちがいい。また、稲穂の香しいかおりが、いい感じです。

画像

地元の町内会の方達は、農業をやっている方も多いので、手ぎわがいい。いろいろな方とお話ししながら、二時間ほどで稲を干すことが出来ました。 今度収穫祭をするというこですので、新米が楽しみです。

画像

稲刈りの跡は、数日前に刈り取って、すでに乾かしてあった餅米の稲穂を脱穀しました。こんどはお餅が食べられるかな。

画像

何十年も荒れていた土地が、よみがえって、お米が取れるということはすごいことだと思いました。行政・地域の方のご協力があって収穫が出来ました。素晴らしいですね。

画像

今度、うちの田んぼが、大楠山の最終処分場の道路の反対側の山の谷にあるので、そこの開墾を考えています。ふふ。楽しみです。
横須賀市里山再生http://yokosuka-satoyama.jp/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA